c.ゆき花のセラピー

《カテゴリーc.ゆき花のセラピー》では、ゆき花のメインセラピー、サブセラピー&ピアサポート、いろいろなセラピー、セラピーの学びについて、まとめています。

当サイトの主テーマが性暴力被害とトラウマ回復に関するものです。読んでいて、フラッシュバックが起こったり、ご気分やご体調が悪くなることも、あり得ます。

ご無理のない範囲で、また、辛いようでしたら、ご覧にならないようにお願いします。ご自身の十分な健康管理・自己管理出来る方のみ、ご覧下さい。

主旨と投稿ルール by ゆき花

はじめに、【主旨と投稿ルールbyゆき花】をご覧下さい。

c1.メインセラピー by F先生

F先生のメインセラピー。回復の3段階を目標に、リソース作り、トラウマ解放、繋がりの回復を目指して。

c2.ピアサポ(自助)系の協働調整

性暴力トラウマをテーマとするサブセラピー。アニマルセラピー、ピアサポートなど。

c3.ゆき花とセラピーいろいろ

セルフエスティーム、メディテーション、アートセラピー、自然系セラピーなど、その他のセラピー。

c4.学びが癒し:セラピー関連

セラピー関連の学びより。レクチャー、オンライン講座、自主学習などいろいろ。学びは癒し。

薬を十錠飲むよりも

心から笑った方がずっと効果がはず

アンネ・フランク

精神科医療に裏切られ、深いトラウマを負いました。

心から笑えるような自然治癒力を、可能にするのは、人間の知恵や愛の力で、薬漬けで心は回復しません。

ゆき花 プチ自己紹介

性暴力サバイバー。4歳の頃、加害者2人に連れ去られ性被害を受ける。中学の頃から医療機関に助けを求めたものの、医療支援被害が酷く、30代後半に長野を離れ、40代後半に漸く、関西の専門セラピーに繋がれる。定期的な治療をセラピストと二人三脚で継続中。

自己紹介ページは→こちら