a4.ゆき花のメッセージより

sn.b2.性被害者の治療支援に必要なのは、安全安心の協働調整→自己調整が可能な専門家

site up 20210709金

*性被害について記されています。はじめに【主旨と投稿ルールbyゆき花】をご覧下さい。ご負担にならないよう、ご自身の責任でお読み下さい*

*ゆき花のTwitter投稿(リツイートとツリー)から、まとめました。

🌼🌼🌼

「性暴力なんてなかったことにして、ニコニコ笑って過ごしてればいい」

近所の、性被害で自死した女性の夫(医療者)が言ってた。

泣き叫ぶように。

自分も家族も、長野に頃から、伊勢に至る今までも、

そんなふうに、治療者、支援者、に言われて傷付いてきた。

🌼🌼🌼

以前、神戸、和歌山のワンストップに相談した時は、

寄り添える人も出てきた感じだった。

でも。三重や伊勢の田舎では、まだまだ全然。

長野も変わってなさそう。

名古屋のワンストップや、東京の名の知れた女医さんのところも。

支援する相手を選んでるようで。

また、自分の方が、その人達より、分かってるし、話せてしまう…

なんてことも思ってしまう。

🌼🌼🌼

そんなふうに思うのは、

今の専門カウンセリングで、

協働調整、協働作業を積み重ねてきたから。

でも、その調整の力は、私自身の為のもの。

他者に提供するような、そういうものではない、

やっとの思いで、得ている、

回復の一つ一つ。

それも理解している。

私自身の為に、大切にするもの。

🌼🌼🌼

そこにたどり着くまでに、

命を繋ぐ為に、

話して楽になることと、

分かってくれる人が必要だった。

だから危険だけど、話した。

治療者や、支援者に話しても、理解されず、

「話すな」

と言われても、

分かち合うこと、分かち合えることが、必要だった。

楽になる為に。

「はなす」は「話す」「離す」と、言われるように。

楽になる為に。

🌼🌼🌼

傷ついても、楽になることが、必要だった。

話さなくても苦しくなくていられるくらいの

自己調整出来るようになりたいし、

そういう協働調整を、今のカウンセリングで積み重ね

自己調整の力を積み重ねている。

被害者自身が、安全安全の信頼関係の中で、自己調整を可能にしてゆく

その協働調整する力があってこそ、治療も支援も可能で、

その協働調整する力があってこそ、治療者、支援者と、真に言えるのだと、

ゆき花は思う。

🌼🌼🌼

話したことで、

危ない目にもあったし。

伝えてもこれたし。

誰が、安全か、危険か、というのは、

話さなきゃ分からなかった。

誰にでも話していいと言う訳ではない…というのは、

話せる治療者(f先生)を得られて、

また、FDを主催してきて、

人の繋がりの中で、分かち合えてきた今だからこそ、

そう思えること。

🌼🌼🌼

「話したら危ない」

そして、それは、確かにそうだけど、

話しても大丈夫な治療者、支援者がいたら、

また、そういう社会であったなら、

話して、その人間関係で、

安全な協働調整から、自己調整が、可能だったなら、

そんな話す危険に、挑戦するようなことをしなくても、済んだのだと思う。

🌼🌼🌼

今の治療で、協働調整を知った。

安全安心の、心身の他者との協働調整が必要なんだって、

そこに、トラウマ症状の安全な解放もあって

そういうのがあって、自己調整も出来るようになるんだって

人との繋がり、

その為の自分との繋がりが、

両方、大切なんだって、知った。

*ゆき花の回復用に書くことなので、専門的な説明は、ポリヴェーガル理論、愛着理論などで、確認して下さい。

🌼🌼🌼

事実として、あんまり話しては辛くなる。

でも、話すなではなく、

コンテイントメント(容器にしまう)などの、

その調整の方法や理由も、治療者は安全に提供して。

🌼🌼🌼

*私は、f先生と、このコンテイントメント(容器にしまう)の作業をした。

箱を作ったり。

イメージワークしたり。

イメージも大事。

私は、目を閉じることが、被害想起になり、怖かった。

そういうのも、二人三脚、協働作業で、

ちょっとずつ

解放していった。

それも、一回一回の積み重ねの中での、気付きだ。

🌼🌼🌼

治療者も、支援者も、

社会の中でも、

性被害者が、安全安心の心身の協働調整が出来る、

それが、当たり前の、治療支援体制に、社会に、なって欲しい。

トラウマ理解をして欲しい。

性暴力がどんなふうに、被害者を苦しめるか、知っていて欲しい。

傷付きと回復の方向性を、知っていて欲しい。

そうしたら、性被害者の私は、少しは、安心して生きれるから。

🌼🌼🌼

性暴力した、加害者が悪いのに、

加害した加害者が悪いとされるのではなく、

司法の下で、加害者を野放しにして、

性暴力された被害者を責めるなんて、

そういう人の世の中は、

被害者だけでなく、

いずれ、人間を追い詰めてゆくもののように思う。

🌼🌼🌼

治療者、支援者自身が、

協働調整出来るような、

そういう協働調整と自己調整の経験が、されてることが必要なんだと思う。

だから、性被害者の治療、支援は、高度な専門性が必要。

その高度な専門性を持てる、

治療者、支援者が、ほとんどいない。

🌼🌼🌼

ネグレストで、協働調整されない赤ん坊は、

泣いても、相手にされない赤ん坊は、

ぐったりとして、力を失ってしまうそう。

f先生も言ってたけど、

そういう愛情をもらえなかった赤ん坊は、

やがて、死んでしまうそう。

…そんな本を、昔、読んだ。

🌼🌼🌼

協働調整は、互恵的なものだから、

赤ん坊から、お母さん、親などの養育者にも、協働調整されるのに。

その以前に、養育者には、赤ん坊のような、

自己調整出来てない子が、

十分な、安全安心の協働調整して、自己調整してゆけるような

そういう力が必要。

周囲のサポートも。

そして、これも大事なことなんだけど、

親や養育者は、赤ん坊からも、同時に、協働調整されている。

協働調整は、一方的ではなく、互恵的なもの。

そういう安全安心、信頼関係の、理解が大事。

🌼🌼🌼

性被害者も、

性被害者から、治療者、支援者、周囲にも、協働調整される。

治療者、支援者には、

その以前に、性被害者のような、

性被害のトラウマで、

自己調整の出来てない人間が、

十分な、安全安心の協働調整して、自己調整してゆけるような

そういう力が必要…

性被害者の治療や支援には、そういう、高度な専門性が必要。

🌼🌼🌼

自分で自分の自己調整が、出来るようになる為に、

治療者と、安全安心の協働調整、協働作業をしてゆく。

治療者は、性被害者が、お互いに安全に、トラウマを、解放し、

性被害者が、自己調整をしてゆけるように、

心理療法などで援助をする。

性被害者治療にも、支援にも、高度な専門性が必要。

トラウマの理解と、回復の方向性。

治療と支援の実現に必要なこと。

性被害者の〈まず〉ゆき花自身が、性被害について、

安全安心、信頼関係の地域や社会で生きてゆけるように。

また、言葉を探してゆきたいです。

🌼🌼🌼


*ゆき花より…ゆき花自身の回復用に書くものです。専門的な説明は、ポリヴェーガル理論、愛着理論などで、確認して下さい。

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】と同意とします*