a3.ゆき花のうた

sn.a3.バラバラの自分を、研究に繋げたい

site up 20210628月

*性被害について記されています。はじめに【主旨と投稿ルールbyゆき花】をご覧下さい。ご負担にならないよう、ご自身の責任でお読み下さい*

🌼🌼🌼

バラバラになってしまった。

研究の繋がりから離れているようで

他に助けてもらえてきた訳でもないのに

ただ人の繋がりだけに安心して

大事な研究から乖離している

🌼🌼🌼

運動したかった訳ではない

専門家に繋がれているのに

無知偏見な市の介護支援課の人達やm病院、i日赤の社会市福祉士らが

家の中に踏み込んでくるほどに、侵襲的で

それがあまりにも、数人掛かりで、

大声で、壁を叩いて、家の周りをウロついて、

知らないところで、私と母を引き離して、

母を長野に返すと言う、

壮絶な喪失トラウマを負わせるような

そんな侵襲を支援と言うのだから

怖くて怖くて。

近所に性被害者の自死者出たのも当然だと思う。

安全な人達に繋がりたくて、フラワーデモに至った。

運動したかったんじゃない。

🌼🌼🌼

研究に戻りたい。

研究に戻りたい。

研究に戻りたい。

ここまで作れてきた繋がりを、自分自身に認めながら

でも、運動は回復や癒しそのものではないし

自活の道そのものでもないし

運動に流されたくない

人の繋がりは自分の研究あってこそのもの

人の繋がりは自分の生活あってこそのもの

《そのどちらの安全も侵襲されたから》

人の繋がりを作ることが、自分に必要だったことを

自分に十分に認めてあげること

🌼🌼🌼

研究とフラワーデモとにある繋がりは

自分にしか分からない。

フラワーデモは、今ここに来ての出会いの中のもので

ないものにされてきた、性被害者の声を、存在化〈可視化〉させた大事な繋がり

研究は、性暴力の何の救いもなく、二次被害しかない中で、

お詣りだけをよすがにしてきた、長年の心の支えの中にあるもの

それぞれが、それぞれに大事な繋がりがある

それぞれの繋がりを、考えるのも自分

繋がりは自分の中にあるもの

🌼🌼🌼

でもその繋がりを作るのに

あまり厳しくしなくても良い

フラワーデモでも。大学院でも。f先生でも。

人に相談するとか

頼れるところは、頼って良い。

人の繋がりと、f先生の治療を通して

そんなふうに思える自分になれてきたこと、大事だよね。

自分で考えることも、もちろん、大事にして。

🌼🌼🌼

あと「稼ぐ」

これも今日、h先生にも言えたし。

前に、s先生にも言えたし。

周りの人達に、ちょっとずつ、相談しながら

向かい合ってる自分を認めてあげよう

🌼🌼🌼

「ちょっとずつ自分を許すこと」

今日、お話ししてもらった、h先生の助言。

そんなふうに、学問の中に、

人間の繋がりの大切さを考えたり、共有したり、追究出来る

私は、この宗教(神道学)の学びの環境が好きです。


バラバラになっているようだけど、


大丈夫。


必ず一つにまとまれるから。


この繋がりを生かした、素晴らしい研究が出来るから。


「素晴らしい」は、頑張り過ぎかなぁ…


良い研究が出来るから。

良い研究をしてゆこうね。

内省しながら。

ちょっとずつ自分を許す…ってことも、意識しよう。


🌼🌼🌼


*ゆき花の提案…サイト、noteも人の繋がり。性被害のテーマは、リアル日常で繋がり難く・繋がり難いからこそ。オンライン上で可能な作業=自分との繋がり・表現する+ちょっとずつの他者との繋がり…を、大事にしてゆきたい。

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】と同意とします*