a3.ゆき花のうた

sn.b1.起き上がれないまま一週間が過ぎた

site up 20210619土

*性被害について記されています。はじめに【主旨と投稿ルールbyゆき花】をご覧下さい。ご負担にならないよう、ご自身の責任でお読み下さい*

起き上がれないまま一週間が過ぎた

何度考えても同じ

長野にいたら、今の大阪の専門治療には、絶対に繋がれなかった

東京にもなかった

繋がれないままだったらどうなっただろう?

性被害トラウマを存在させない、平成令和の魔女狩りで、また、死神精神病院だったかもしれない

他にどうしようもなかった

🌼🌼🌼

高野山で自尊というものを、日記を通して掴めた時

「あぁ、もう私は大丈夫だ、何があっても大丈夫な自分になれた」

と思えた

それで仏教や空海の教えを、やっと理解出来た

神仏は自分の内にいると言っても、それが何か分からなかった

性被害者は、その自尊=神仏なるものを、心身から壊されるのだから

でも治療は別なんだ

今の先生のような専門家に、早く繋がれたかった

🌼🌼🌼

4歳。加害者2人の連れ去りの集団性暴力と「性被害者のその後」


13歳、19歳で助けを求めた時に、今の大阪の先生に繋がれていたら、良かったのに

東京のよく知られたところや女医も×

名古屋も×

もちろん三重も×

今までの全てがあって、今の安心と信頼の治療がある

長野や東京では無理だった

それは、今も同じ

🌼🌼🌼

お母さんが倒れる前日

浅井咲子さんの新刊の2冊が届いた…涙出る


私が、精神科に助けを求めた13歳に、この知識で医療者が応えてくれたら、どんなに救われていただろう

真逆にトラウマを最悪にされた

長野を離れ、東京、四国遍路、高野山、伊勢を経て、繋がれた、今の大阪の先生は、2008年にSEに出会っている

長野と大阪。こんなにも違う…

🌼🌼🌼

フラワーデモは今の大阪の専門治療があってこそ出来た

大阪関西が全て良い訳じゃないけど

私は、私の安心、納得、信頼出来る治療に繋がれた

私の力で繋がれた

治療も希望もない、孤立無援の地で

あの重い苦しみを、一人抱えていた頃のように

絶望ではない

それを忘ないところで生きていたい

🌼🌼🌼

*写真は結城神社(津市)の梅の花です。

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】と同意とします*