b1.ゆき花の雪の日

sn.b1.性暴力に奪われたもの…自活も。結婚も。出産も。家族も。

site up 20210616水

*性被害について記されています。はじめに【主旨と投稿ルールbyゆき花】をご覧下さい。ご負担にならないよう、ご自身の責任でお読み下さい*

ジェンダーから見た少子化 女性不利の構造変えなければ解決しない 毎日新聞 2021年6月10日(木)

*リンク先が期限切れの場合があります。

結婚回避も出産回避も性暴力が原因。性差別も暴力と同じ。結婚も出産も脅威恐怖でしかなく、回避逃避により安全を維持した。

私は何度も自分に言ってあげたいです。

🌼🌼🌼

コークのダーウィンの引用で

「種が首尾よく存続するには生殖が必要で、それは摂食活動や雨風を凌ぐ活動、繁殖活動を頼みとしており。それらは回避や逃避の反対だからだ」

「ある生物がサバイバルモードにはまり込むと、目に見えない相手を撃退することに精力が注がれ、愛のための余裕がなくなってしまう。」

「私たちの最も緊密な絆も脅かされるとともに、想像したり、計画を立てたり、遊んだり、学んだり、他者の欲求に注意を払ったりする能力も損なわれてしまうのだ」

🌼🌼🌼

安心出来ないから、結婚回避、出産回避する…自分がそうです。

【安全】の為に。

性暴力、性差別とはそういう、安全のなさです。

女性の不利というより、脅威恐怖だと、自分の経験からは思ってます。

堕胎罪に母体保護法、13歳の性交同意年齢の刑法性犯罪も。女性、女の子には、脅威恐怖過ぎるものです。

ジェンダー次元じゃなく、もっと根深い種の保存レベルの問題なんですよね。

🌼🌼🌼

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】と同意とします*