c4.学びが癒し:セラピー関連

sn.c4.人間は「協働調整」をし合って心身の安全を調整しあっている〈互恵的に〉

site up 20210525火

*性被害について記されています。はじめに【主旨と投稿ルールbyゆき花】をご覧下さい。ご負担にならないよう、ご自身の責任でお読み下さい*

人間は「協働調整」をし合って心身の安全を調整しています。


だからケアは、対面が大事…なのだと思います。そして、その協働調整で、自己との繋がり、治療者との繋がりで、安全安心信頼が回復されてゆくのです。


その理解もなく、加害者になってる治療者、支援者も多いです。


「寄り添わない声が多い」県議さんの言う、その背景にある理由とも言えます。

🌼🌼🌼

トラウマの解消方法には脳や体に働き掛けるSE(EMDR、タッピング含む)や、治療者との理解の共有からのケアで認知行動療法などありますが、

理屈や方法があっても、安全安心信頼の理解や共有が出来なければ、回復は困難と思います。

トラウマ経験の共有は普通には危ないし、傷を伴うし、自分も避けたいです。たまに、接しながら、礼儀や配慮を持てる人同士なら、まだ良いのですが、それが難しく、覚醒亢進のまま、接してこられてしまう人もいます。その覚醒亢進を、自覚や理解出来ないと、安全・安心・信頼の感覚や関係性に落ち着けることはなく、ぬかるみにハマるように、覚醒亢進が進んで、不安定な関係に陥ってしまうように思います。

🌼🌼🌼

ところで、私はCBTの認知行動療法は、CPTの認知処理法でやりました。PE(暴露療法)は暴露でCPTは認知の歪み、とネットなどでは、紹介されています。CPTの方が負担ないらしいけど、でも、私は、パタッとシャットダウンしたように、課題が全然出来ませんでした。

f先生に中断をしばしば言われ、中断は避けたかったので、過覚醒で出来なかった分もやったけど、トラウマ症状そのものだったと思います。Twitterなど見ながら、出来る人達がすごいと思います。

もちろん、自分の治療以上のものはないと、自分のケアに対するプライドも相当あるのですが、

それでも、認知行動療法は、辛い・キツい、それだけでは無理だろう、身体に働き掛けるケアが、自分には必要という思いで、EMDR、SEの出来る治療者を探しました。

🌼🌼🌼

CPTでは、泣くこともない、ただシャットダウン、フリーズモードだったように思います。いつもの安全安心のリソースだけは、実感されました。今もCPTは、たまに使うけど、正直、キツいと思います。

NHKなど、保険診療の関係からか、まるで、それが至上のように紹介されていますが、EMDRやSEなどを、もっと紹介して欲しいです。

なので、認知行動療法、PEとかCPTでも、出来る人達ってすごいと思うのです。よく耐えていられるな…という感じで。でも、Twitter見ながら、辛くなるので、心の距離は置くようにしています。自分は、EMDR含むSEで向き合い処理してゆく方がずっと回復を感じます。自分のその感覚を大事にしながら、続けてゆきたいと思います。

🌼🌼🌼

人間の大きな脳は恐怖脅威を強烈に記憶し、いつも神経系、内分泌系、免疫系などから全身の細胞の一つ一つ一つに恐怖脅威を影響させているそうです。

常にテンション高い覚醒か、シャットダウンの低い覚醒で、神経は安らげない。その状態も知らないから寄り添えないで二次加害的になる、そういう治療支援者が多いです。

脳-全身は繋がっており、その神経系の末端同士で、人間は繋がりあっているのだと、ポリヴェーガル理論のポージャスさんの本で読みました。何をいったかより、どう言ったか、内容より態度に反応しているそうですが、実際、そう思います。どんなに良いこと言っているようでも、近寄り難い態度であったら、近寄れないものです。悲しいこと、怖いことかもしれませんが、逆もそうです。

そういうことも知らない、酷い治療者、支援者は、他人のケアで、自分のケアを満たそうとする人も、現実にはいます。自分のケア出来てない人はどんなに治療支援の資格や技術あっても、不可能で二次加害者になるのだと思います。自分も激しい態度を出されたことがありますが、ごくたまに、あり得ない、病みすぎな治療者・相談員もいて、怖すぎるし、生命エネルギー奪われるます。

🌼🌼🌼

トラウマの身体や脳の理解や、ケアされてない人には無理です。

自律神経の協働調整を、実践的に、現実的に、理解して体得して欲しいです。でないと、こちらがケア役になってしまうことを、痛感しています。自分のトラウマ症状的に、そうなってしまうのです。今の先生は良いし、二人三脚、協働調整も話し合えるけど、そうでない場でその職の人と接して、いつもレベルの低さに疲弊しています。サバイバーでも日常でもそういうのはありますが。

高い覚醒も低い覚醒も、緊張、力み、萎縮、一生懸命過ぎ、そういった状態で、安らげないから、疲れます。

脳は思考が常に駆け巡っていて、疲れます。

精神科医療が悪すぎて、こういう説明出来ない現状にあります。ポリヴェーガル理論も愛着理論も知ってるだけで、出来ない治療支援者も多い現状だと思います。けれども、そういう問題以前に、ケアされる経験がないと、ケアするということは、無理なのだと思います。

*写真は津の結城神社です(ゆき花撮影)。

🌼🌼🌼

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】と同意とします*