d3.世の不協和音と:性暴力の誘発・助長・連鎖

sn.d3.厚労省の少女ポルノアニメ広告:医療者が性暴力を生み、被害者を自死に追い詰める現実

site up 20201230水

年末にまた少女ポルノアニメの広告が公的機関から出されていました。今度は、厚労省です。Twitterのrp、trには、非人権派の人達がフェミニスト叩きを、官公省庁の広告に喜んで便乗して投稿をしていました。関わったら、生きる力を奪われてしまうと思い、厚労省アカウントはブロックし、厚労省サイトから、意見をしました。

厚労相の田村憲久さんが、三重県選出なだけに、ダメージ大きいです。フラワーデモみえは、近所の性暴力被害者の自死者がきっかけで、遺族の夫は内科医でした。命を守り、生かすはずの医者や厚労相のはずです。でもその地元では、性暴力被害者を生み出され、助けず、自死に追い込むような、そのような現状です。余程、悪いです。先月の衆議院院内集会でも、精神科医からの性暴力被害者の自死者の遺族のご両親が、辛苦の思いで話されていました。どんなに悪い現状か…命に関わってある問題だと、理解して欲しいです。

🌼🌼🌼

少女への性暴力を助長する、Twitterのラブライブ広告について、手洗い効果になりません、寧ろ逆効果です

4歳の時に成人加害男性2人による集団性暴力を受けました。

Twitterのアニメ広告(ソフトポルノ)が、PTSDの原因にもなり、とても気持ち悪いです。

〉正しい手洗いは『ラブライブ!サンシャイン!!』Aqours(アクア)のポスターもご覧ください。どなたでも印刷・ご利用できます。

ビジュアルが視神経-脳-全身にそのように、学習させ、少女や幼女をそのような性的対象と扱っても、構わないというメッセージの発信になっています。それを、厚労省の立場を利用して、国民に共有させないで下さい。

女性の自死率、10代の少女の自死率がコロナ禍で増加している時に、加害者を増長するような広告はやめて欲しいです。このような広告が原因のPTSDで、何日も動けなくなります。厚労省アカウントはブロックしました。自殺率を上げるような広告だと、理解して欲しいです。そしてそういう危険性を、被害者が感じない広告を、使って欲しいです。日本にいたくないです。

🌼🌼🌼

厚労相の田村憲久さんは三重県の国会議員です。私は三重でフラワーデモを立ち上げました。伊勢の神宮のお詣りの道沿いのお宅に、性暴力被害者の自死者がいたことがきっかけです。性被害者の自死者は、生まれた長野からは何人目かでした。

でも、自分を支えにしていた神宮のお詣りの道にいたから、ここで向き合わなければ、神が許さない、この国の女性少女の命も私の命も生かさないと思い、起き上がるのもやっとの中、フラワーデモを立ち上げました。

自死者の夫は内科医でした。医者ですら、命を助けないのだと思いました。

そして加害者は、おそらく、同じ医者で地位のある人だろうと思われました。

私は、周囲からのセカンドレイプに傷付いていた、その医者にも、遺族会のことなど教えてあげました。

🌼🌼🌼

逆ですよね。本来は、医者や厚労省が、被害者に支援を教える方ですが、被害者の方が、「加害をやめて」と、言って、どこに相談できる人がいるか、どういう心理療法が有効か、教えてあげるなんて。しかも生まれた長野を遠く離れ、東京都心でも得られなくて、全部の都道府県、四国遍路、高野山、伊勢、そこまで辿って、自助グループの情報を得ながら、日本中探して、比較的トラウマ治療の取り組みが良い、阪神地域にそのカウンセラーを得られて、容易な道じゃないです。

保険適応外の自費で自助で自己責任で、どんなに頑張っても、無知で無理解な三重や伊勢の田舎者支援者が、図々しく頼んでもないのに、必要も全然ないのに、まるで興味本位のように(不正請求欲しいだけのようにも思いますが)、しかも数人がかりという信じられない態勢で、踏み込んできたがるのです。警察もセカンドレイプ対応でしたが、その警察署内で、警察官による猥褻事件が報道されるようなところです。

医者の妻でありながら、20年も苦しみ、救いようもなく、自死に追い詰められるのも出て当然だと思いました。

🌼🌼🌼

厚労省や省庁が、性暴力を生み出す行為をしてることに、無自覚なんて、恐ろしいです。あのアニメ広告は、加害者側の人達には嬉しいことですし、少女の性を弄ぶアニメを必ず増長させます。

実際に、父親同士が娘への性暴力を共有し合うサイトがあり、その中で、小学生や幼女をレイプするマンガまで紹介共有されている状況です(警視庁に有害サイトとして通報しました)。

あのような広告を出すなんて、厚労省や省庁の人達も利用しているのでしょうか。アニメが性暴力に影響しないと思わないで欲しいです。少子化もこのような性暴力社会の結果と断言します。

医者や医療者が加害者でいる状況で、国民の生命や医療を担う厚労省が、トラウマを刺激し、ダメージを与えながら、また、コロナ禍で少女への性暴力が増加し、少女や女性の自死率が倍増している中、「手洗い」とは真逆効果のことをしないで欲しいです。

🌼🌼🌼

【命】が関わっていることを、理解してください。

もし、フラワーデモなど声が上がっていなかったら、女性や少女は、このような厚労省などの性暴力を生み出すものの無自覚無神経さに、もっと酷い自死者や被害者が生じていたと思っています。

助けるべき厚労省が、助けてもくれない上に、加害者や暴力を生み出すようなことは、しないで欲しいです。

性暴力とかトラウマ治療と言っても、まるで人間狩りのような、隔離監禁の精神医療があるだけで、何の体制もありません。

安全のために関わらない方がマシなくらいで、医者による性暴力も深刻な問題です。

私は故・日野原重明さんなど、良い医療者にも恵まれましたが、長野も三重も、医者や医療者による性暴力、支援者の非人道は、当たり前に聞いてます。厚労省がこういう広告を安易にしてるくらい、国民の命を厚労省なのに考えていないことを思います。

🌼🌼🌼

アツギのラブタイツの、少女ポルノアニメもそうですが、フェミニストとして言ってません。性暴力被害者として、同じ被害を助長・誘発して欲しくない、この地獄の性暴力トラウマをこれからの子達に【絶対に】負わせて欲しくない、そして、触発して何日も寝込ませるような性(性器)PRコンテンツ広告を、思いで言っています。フェミニストに通じているとも思いますが、被害当事者の痛みとして言っています。

また、いつも思うのですが、そのような非人権派は、共通的に、礼儀なく纏わり付いてくる粘着質な人達です。愛着(アタッチメント)の形成が悪い、いかにもなのですが、フェミニストに纏わり付きたがるのは、ママ代わりを求めての結果と思われます。中には一瞬、共感を示しながら、暴力に手なづけさせる、グルーミング(手なづけ、言い聞かせ)、エントラップメント(罠、騙し)な言い寄りのものもあります。性暴力加害者の典型です。

🌼🌼🌼

メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします。