a1.Japan Beauty:太陽と女神の国で

sn.a1.29日パブコメ3-2:覚醒亢進な皇室崇拝では

site up 20200909水

以下、ゆき花のパブリックコメントからです(続き)。

「第5次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)」についての意見募集

第5次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)

皇室について書きました。覚醒亢進に皇室崇拝し・そうでないと排除・攻撃する人、前向き・建設的な考えで、安全安心な対話が出来ない人はブロック対象です。

該当分野(2):第2部 II 第5分野 女性に対するあらゆる暴力の根絶

該当ページ数(2):44

ご意見(2):

6)また一方で、天皇・皇室の方々の、戦争トラウマというのも、特に考えて向かい合ってゆく問題のように思います。

「天皇陛下万歳」と言い、多くの人達が亡くなりました。それが、当時の事情であっても、

そのように、多くの人の死を負うことは、天皇というお立場でも、一人の人間として、大変なもののように思います。

昭和天皇、平成天皇が、慰霊をされ続けたのも、そういうご心情もあるでしょうし、平気ではなかったと思います。

「天皇有罪」とされた一方にある、その問題も、両立的に考える必要があると思います。責任逃れとかではなく、一人の人間として、考える必要を思います。

あまりに過剰な崇拝や、形だけの地位関係性は、安心・安全の相互のやり取りの壁になって、真の安らぎや信頼が、持てなくなってしまうように思います。

地位ある方でも、お互いの安全・安心の人間関係性を奪うような崇拝の仕方や形式は、見直されるべきのように思います。過度な・覚醒亢進的な、心や質の伴わない崇拝や、男尊女卑や男性優位による真逆に生ずる負担も、多くあると思います。

一国民の意見に過ぎませんが、触れ難いけれど、どうにかすべき問題であると思っている人達は多いと思います。

7)性暴力に伴ってある、死の問題も深刻です。その視点も持って欲しく願います。

私の性暴力の加害者達は、早くに不幸な死に方をしました。私は、加害者達の死のトラウマにも苦しみました。

性暴力の加害者が、血縁・親族、特に、父親、親などの場合、その人達の死でもなお、苦しまされます。

知らない第三者には時々、「死んで良かったね」と言われますが、死んでも付き纏うように、苦しみは増します。死んで良かった、には、容易にはならないのです。

子供は特に、性暴力だけでなく、加害者達の事故死、病死さえも、自分の責任だと思って、自分を責めてしまいます。自分もそうでした。

従軍慰安婦の女性達も、性暴力だけでなく、若い兵士達の無惨な死に様にも、非常に苦しんでいました。

堕胎も同様に、生命に関わることですが、その責任を、女性だけに負わせています。堕胎罪はなくすべきです。法で責任を問うなら、女性だけでなく、少なくとも半分の責任を負う男性にも、問われるべきです。そうでないと、男性が、生命の重要性を、理解出来ず、無責任なままと思います。

🌼🌼🌼

皇室の男尊女卑、それによる性差別・性暴力の周囲や国民への影響についてです。覚醒亢進に皇室崇拝し、そうでないと排除・攻撃する人達もいる為、メッセージ対応については、特に冒頭・文末に記しています。前向き・建設的な考えで、安全安心な対話が出来ない人は、ブロック対象です。

パブリックコメントなので、hanaさんへのひと言メッセージは省略します。

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*