a1.Japan Beauty:太陽と女神の国で

sn.a1.29日パブコメ2-3:皇室と男尊女卑、男性優位の問題

site up 20200907月

以下、ゆき花のパブリックコメントからです(続き)。

「第5次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)」についての意見募集

第5次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)

皇室について書きました。覚醒亢進に皇室崇拝し・そうでないと排除・攻撃する人、前向き・建設的な考えで、安全安心な対話が出来ない人はブロック対象です。

該当分野(3):第2部 II 第5分野 女性に対するあらゆる暴力の根絶

該当ページ数(3):44

ご意見(3):

4)皇室の中の、男尊女卑、男性優位、地位関係性の見直しや改善について、考えてゆく必要があると思います。皇室のしきたりだけが、社会や世界の流れから、取り残されてしまうのは、その方々にとっても、また、国民にとっても、生き辛さや、関係の難しさになってしまうと思います。

個々の安全・安心や、そういう人間関係性が、生命維持の基盤であると、トラウマ治療などから学んでいますが、それは、太古からのもので、また普遍的なものだそうです(ポージャス・カーター医学博士夫妻が専門的に話されていました)。

人間の安全安心のあり様が、人間の尊厳や人権にも通じてゆくものであると思います。

伝統の中で大事にされるべきものは、形式やしきたりではなく、その安全・安心の質だと思います。力関係や上下関係、男尊女卑を酷くさせるものは、変えてゆく必要があると思います。

皇位の男子後継について…太古には、男児が病気になり易く、命を落とすことも多いことからあり、男性の命を継ぐ為に、男子後継や父系が生じたものかもしれません(様々な説があると思いますが、制度や感情的なものより、出生と死亡の、自然のあり様が理由に思います)。医療の進んだ今は、男性の方が、多い状態で、自殺率の多さも、その自然調整ではないかと、大学等でも学んでいます。

産み分けや女児であった時の堕胎など、そこでも幼い女の子の命が犠牲にされています。

*選択的夫婦別姓制度の実現は私も願いますが、生まれた子が、男性の姓を名乗るなら、家父長制は変わりません。両親ともの姓を名乗るか、生んだ女性を尊重するなら母親の姓か、大人になってから、選択出来るなど、生まれた子の姓まで考える必要があると思います。

「太陽神である天皇」などと、現代でも言う人達(東大などトップレベルの大学卒の官僚や大学教授なども)います。太陽神は天照大御神(天照皇大神)で、女性ですが、それが天皇であるとして、岩戸開きのウズメの踊りを「踊って誘惑」などと言ったりもしていました。

私の加害者も「天皇は男しかなれないから、男の方が偉いんだ」などと、性暴力する理由を言っていました。

皇室の方々にも、皇室の中にある男尊女卑や男性優位について、安全・安心と、お一人お一人が、特に女性が、尊厳を持って考え改められるよう、関係省庁や国内外の方々のサポートや協力を得ながら対応される必要があると思います。

(以上)

🌸🌸🌸

皇室の男尊女卑、それによる性差別・性暴力の周囲や国民への影響についてです。覚醒亢進に皇室崇拝し、そうでないと排除・攻撃する人達もいる為、メッセージ対応については、特に冒頭・文末に記しています。前向き・建設的な考えで、安全安心な対話が出来ない人は、ブロック対象です。

パブリックコメントなので、hanaさんへのひと言メッセージは省略します。

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*