d1.世の音色と:時事問題など

sn.d1.親による子の連れ去りについて

site up 20200413月

私は以前、親に連れ去られた、という子と話したことがあります。私は一相談員でもなんでもなく、話し易そうなおばさん、という感じで話したのだと思います。親の都合であっても、その子にとっては、とても痛ましい出来事で、その後の人生も、その為に、淋しい思いや辛い思いをしてきたと、思いました。

いきなり連れ去られた方の親もショックだったと思います。両親の詳しい事情には触れないようにしたけれど、「それはショックだったでしょう」とだけ言いました。慰めの言葉にも、励ましの言葉にもならなかったかもしれないけれど、少しでも安心出来るように、そんな気持ちでした。

親権以前の問題として、親の責任として、子どもにそのような思いをさせないようにすべきと思います。子どもの人権問題として、一番に優先されるべきことなのに、親や大人の優先になっているようです。話し合えない親の為に、そのような、周囲のサポートや理解も必要に思います。

その後も、子の連れ去りについて、その親や大人の立場で意見する人達・聞かせたがる人達に、度々行き合いました。親としての当事者だったり、それについて、意見する人だったり。でも、誰一人、子どもが心を痛めていることについては触れてはいませんでした。連れ去られた親と言っても、子供のことより、自分のことしか言わないので、あまり同情の気持ちにはなりませんでした。

第三者なのに、私がまるで理解ない人のように、お説教っぽく言う人もいました。そういう点でも、一方的で自分勝手に思われるました。子どものことを考えられないくらいだから、相手のことも考えないのだろうと思いました。

こういう親に、こういう扱いを受けると、本当に辛いだろうな、と、親の無責任もですが、大人の都合や目線でしか考えない人達の、自分勝手さに、辟易な気持ちになります。

私の友達にも、両親が離婚した人がいます。その友達とその親御さんとお話しした時、子どものことを話し合って離婚したことに、親の責任感のあることを思いました。母親は上の子を、父親は下の子を、それぞれ引き取って、離婚した後も、夫婦では会わないけれど、子はそれぞれの両親と会って、食事したり話したり、そういう機会を作っているそうでした。離婚したこと自体に、友達は辛かったと思うし、不安定になったと思います。それでも、親子の関係性を親の方が考えて大事にしていること、その人の親の責任感があることに安心しました。

連れ去り問題は、子をモノとしてしか考えていないように、自分の連れ去りの性暴力被害からも思います。同じ「連れ去り」でも意味が違いますが。

ある日、いきなり引き裂かれるという、そういう急激なショック、過激な切り離しは、人間の心身から傷付けるものです。

🌱任意入院とはいえ、ある日、いきなりk病院に連れて行かれ、非人道な環境に入院させられたこと。

🌱m病院や市の介護支援課の職員が、私も母も知らないところで、父にも脅迫的に強いながら、勝手に、長野に強制送還させるという、暴力的な切り離し介入をしてきたこと。

*m病院入院は、ⅱ日赤の担当医からは、必要ないと言われいましたが、大事を取ってのことでした。

過ごしていた環境から、予告なく、いきなり引き裂かれ、切り離されることはとても衝撃の強いことです。安全安心感の裏切り、信頼の裏切り、その上の恐怖の経験です。子の連れ去りというのも、そういう経験から、とても残酷なことだと理解出来ます。

連れ去られ、性暴力を受けた幼い自分も、連れ去られたその子も、大人たちの行為に、ただ、傷付いているのです。

❄️❄️❄️

ここまで書けた自分にありがとう。ゆき花の庭にもありがとう。

hanaさんはどの立ち位置から、連れ去りを考えますか?

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*