b2.ゆき花の白い雪道

sn.b2.公助の侵襲⑦クモ膜下で助かった母の命を踏み躙る介護支援員と、性被害を相談出来ない「公」の危険さⅲ学びと経験を支えに

site up 20190921土

思い出して書くのは辛いし、被害の再体験にも通じますが、それでも、サイトアップしておきたく思います。自助、自費で保険適応外でどんなに頑張っても、共助、特に、公助が命を踏み躙る、その被害経験から、記しました。

🌼🌼🌼

■5.傷付けられた、支援被害を思い出しながら、まとめるのは、傷付きの再体験にもなる、大変な作業である。

①性犯罪被害は、女性だけでなく男性にもあること、加害者は男性だけでなく女性にもいること、そういった理解は、やっと昨年の110年振りの法改正で対応されるようになりましたが、

伊勢や近隣の世間では、信頼出来るはずの医療者・援助者やその市役所の人間にも、伴っていないものだと、今回、改めて思いました。

🌼🌼🌼

②誰かに話すこと、特に、異性に話すことは、大変なことです。自分の学びや係わりの中では、その意識がある人達が多いのですが、このような日常生活の中では、まだまだ難しい問題なのだと、疲弊と傷付きの中から、理解しました。

🌼🌼🌼

③カウンセリングの先生に相談しながら出来たこと、広報いせの、心と体の相談室に相談出来たこと(3人のうち、y田という看護師の女性一人は、PTSD・トラウマについて理解がありませんでしたが)、兵庫県の心のケアセンターの対応が良かったこと…で、心無い行政や医療・援助者の人達の酷い介入の中にも、希望と支えを持てました。

🌼🌼🌼

④私は、三重県の性暴力救援センター:よりこに相談し、また、別の関係から、兵庫県、以前には、和歌山県の性暴力救援センターなどにも相談しました。

でも、私も、20代の頃から向かい合って、行政にも取り組んで欲しいと、長野県・長野市などにお願いしてきたこともあって、自分の方がよく知っていることも思うし、相談先からも言われます。

🌼🌼🌼


⑤また、自助グループでシェアしあった情報を下に、カウンセリングを探して受けていますが、それについても、私のカウンセリング以上の治療の出来る治療者は、三重県内にはないし、阪神地域でも、そういないだろうと、それぞれの県の相談先の人たちには言われていますし、そう思います。

🌼🌼🌼

⑤治療者については、自助グループやその専門の精神科医による特別講義や、信州大学医学部の勉強会で学び得た情報から、その治療方法の学会HPと、その治療者リストから、三重県内・長野県内・名古屋圏と愛知県内・東京都内と関東圏、京阪神地域、また、全国の治療者をチェックした上で、他にも、治療者同士のシェア・ケア・学び合いはされているか、性犯罪被害の問題を扱える治療者か、そういうこともチェックした上で、決めたものです。

🌼🌼🌼

⑥治療方法は、2016年から保険適応された認知行動療法、保健適法外だけれど、治療者が注目しているEMDR、ソマティック・エクスペリエンスを行える、臨床心理士で探しています。

🌼🌼🌼

⑦私は文学部ですが、日本女子大では、少女のレイプ・セカンドレイプを扱った大正時代の作品や、女性を取り巻く女性学の問題、また、履修単位交換制度を利用して、学習院大学の男性学を学んでいます。

そのような学びを通して、酷い介入した市の職員やn野を、時代の変遷と同じように理解されているのかと思ったのですが、

地方にありがちなとても遅れた考えの持ち主の人たちだったようで、信頼して話したのに、信頼を裏切られた対応をされたのだと思いました。とても傷付きましたし、疲れました。

🌼🌼🌼

⑧1980年代~1990年代の頃、我が家は、故祖父(1996年に逝去)の体が不自由で、長野市の在宅医療・看護・介護のモデル家庭とされていました。市の医師会の会長の人が主治医で(=近所だったこともあり)、定期的に訪問診療、訪問看護しながら、試験的な、在宅入浴サービス受けたり、介護士がヘルパーにくるなど、全国的にも、先駆けた行政対応を経験していました。

🌼🌼🌼

また、同じ頃、東京の叔母が癌だったのを、在宅死の終末期医療を受けられるよう、従兄弟にいろいろ教えてそのように、皆叔母の希望するようにしてあげました。

私が信州大学の勉強会や日野原重明さんとの縁で学んだり、やり取りしていたことからです。

🌼🌼🌼

そのような経験からも、20~30年以上も経った今の時代になってまでも、その頃より、もっと酷く・信じ難い・不躾で・無礼儀で、配慮も思いやりもない、ただ、自分達だけの都合一番で、対応されたのは、ショックだし、ただ、驚愕と恐怖です。

🌼🌼🌼

また、伊勢市の介護支援課の職員、i日赤、m病院で、弱っている利用者やその家族に、1人に対し、ドンッと3人以上(~6人!!)の「多勢に無勢だ!」のような対応するなんて、とっても、威圧的だし、支援者なのに全く、配慮なく、無神経です。

🌼🌼🌼

⑫神宮参拝者や豊かな産業もあって、伊勢は人口の割に医療機関は多いし、伊勢日赤の環境も配慮されていますし、m病院も環境自体はそれなりに整ってはいると思います。

でも、医療者、特に、看護師・保健師以下が、信じ難く悪かったです。タバコの意識もとても悪く、依存(タバコなどの嗜癖などだけでなく、仕事、勉強といったものも)の理解、依存と覚醒亢進と、その生活習慣病の関係とかの理解もないです。

トラウマの理解もですが、健康の考え方から見直して良くして欲しいです。

(文書は以上です。a4で約8枚分の内容を、7回、3ヶ月分に分けて、2019年分としてサイトアップしました。残しておいて良かったです。辛くて、目にすることも出来ませんでした。処分したと思いましたが、グーグルドキュメントに残されていました。多くの人に読んで欲しい、知って欲しいです。そして、このような、支援者による被害がなくなって欲しい…心から思います。)

🌼🌼🌼

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*