a2.Human Beauty:人間と美と繋がり

sn.a2.次は韓流ドラマ

site up 20190621金

ネコ歩きの次は韓流ドラマでした。ドラマの人間関係や人間感情への「共感」「同調」が、こんなふうに自分を癒してくれるとは、それまで思いませんでした。

音や声が怖くて、人間も怖い自分が、ネコ歩きから更に、人間ドラマを見れるようになったのは、自分でも意外なことでした。韓国ドラマは、被害再演の高野山ⅲ男が見るのに付き合わされたことからです。いつもネガティブな吐き出しを聞かせるⅲ男とは、ほめ日記で自尊を掴めて離れられました。

離れてしばらくまた見なかったけど、母親の緊急入院などで、信じ難く酷い支援被害にあい、一人ぼっちの上、どうにもならないトラウマ感情を負わされ、音や声が怖くても、人間が嫌でも、何でも感情・感覚処理、調整する為に見た、という感じです。

面白くないドラマもあるけど、ノーベル賞受賞した大統領の国策だけあって、充実はしているなと思ういます。国策というのは、日本の番組で知りました。

韓流見ながら、お国柄でしょうが、感情表現豊かなのは大事だなと思います。演ずることは、セラピーの一つの方法でもあるので、ドラマ盛んにしたのは当時の大統領の国策も含めて、国全体に、大きな癒しの力になると思います。性被害や虐待、トラウマについて向かい合うドラマもあります。

特に、感情表現が激しいというか、豊かというか、それにほっとします。自分だけじゃないって、思えるからです。韓国、朝鮮半島の、気質というか感情表現といういか、そんなようなことは、新元号の国書(←万葉集のこと)見ても思います。


※一般的知識ですが:大和朝廷は大陸からの渡来人によるので、隣国は遠い他国より近いものです。

韓流ドラマで、感情表現ちゃんとされているのを見ると、ほっとします。日本のドラマはほとんど見ないけど、日本にありがちな(=自分もそう)、感情表現せず、押さえ込んでしまっている状態は苦しい状態だし、不自然に思います。それが美徳になっていた時代、今なお美徳とする人達もいるけれど、私はあまり美徳とは思えません。感情に礼儀は必要だけど、あまり型にはめるのも不自然で、美でも徳でもないと考えます。

机の上のモノを、ガッシャーンと投げつけたり

ここまでするかというくらい、えげつなかったり、悪どかったり、

主人公も、やられっぱなしじゃなくて、ちゃんとやり返していたり、

すごい豪邸も目の保養だし、一般的家庭も日本との同じや違いがなるほどと思います。スラム街みたいなところもアジア共通っぽく思います。

もちろん、ちゃんと作り手は、ここがウケるだろうと思いながらストーリー立てるのでしょう。それでもドラマを国策にするというのは、人間世界や社会と通じ合うことを豊かにするのだと思います。

日本では、国策にしても、ここまで激しくというか、豊かにというか、感情感覚表現するだろうか??と思います。


ドラマの中でも、どこか杓子定規に礼儀があって、〈時々、息苦しく、押し付けがましさを感ずるような〉みんな一緒だね的・一体化的な雰囲気が息苦しくなります。

韓流の歴史モノは、シッカリ国策的なのかも?と思います。国王や歴史の人物は、どれもみな、崇拝的に描くような。

でも、その大袈裟感というか、そういうのも感覚・感情処理や調整的な要素としては面白いです。こういうのは、距離間も必要ですね。

性暴力サバイバー、虐待サバイバーの人間ドラマも、あったらいいなと思います。従軍慰安婦のドラマも。難しいテーマだろうけれど、そんな将来になるよう、自分も生きたいです。

🌷🌷🌷

hanaさんの好きな韓流、オススメの韓流はありますか?

日常で出来る感情の協働調整、大事にしましょう。

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*