a2.Human Beauty:人間と美と繋がり

sn.a2.まずは岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」から

site up 20190615土

今まで全然、テレビを見れなかったけど、岩合光昭さんのネコ歩きを消音で見ることをきっかけに・目標に、録画機を買いました。埃まみれの小さな飾りだけのテレビで、録画機が使えなかったので、新しくしました。それも録画機使える範囲の一番小さいサイズで。やっぱり、飾り程度のテレビになったりしながら、最近は、もう少しつけるようになりました。

初めは消音で見ていました。音や声が怖いからです。私は、雷や田舎の雀おどし、散歩中の犬の吠える声にも、周りの人達が驚いてしまうくらい、声を上げて、驚いてしまうこともしばしばです。それは、被害を受けた4歳頃から既にあったトラウマ症状です。今まで、ずっと説明されずにきて、周りからは「どうしてそんなに驚くの?」と、言われたものですが、常に警戒心が働いていたり、内面は、フリーズして縮こまって過ごしている為の、反応なのだと、分かってきました。

今も、消音で見ることも結構あります。疲れている時は、そのくらいが、ちょうど良いです。

人の声や音楽も怖くて、被害再演や二次被害が繰り返され、トラウマのその症状は酷くなるばかりでした。自分はギリギリ保っている感じですが、引きこもり、というのも、身を以って、理解されます。トラウマ解放が必要なのです。

ネコ歩きは、良い番組でも、タバコの場面とか、嫌だなと思います。完璧に自分好みの番組、という訳でもないです。そういう時は、スキップしながら飛ばして見ます。

ネコ歩きを見ながら、SEの理解というか、結構、セラピーに役立つこともあることに気付きました。

動物の感情や生態、野生や本能、行動などです。

安全や安心、敵意や警戒、スキンシップ、触れ合いや、鳴き声や鳴き方、自然や環境との共存など。P.リヴァインさんのSEが、動物学、哺乳動物から記されていることもあり、岩合さんのネコ歩きも、セラピー的にもいろいろ参考になります。

番組内に流れる、リコーダーのような笛の音も好きです。元気になったら、フルートをまたやりたいです。

綺麗な風景、猫が主役の番組。岩合さんのネコ歩きで、音や声を少しでも克服したいと思って、テレビに慣れてゆこうと決心出来ました。番組から伝わってくる、岩合さんのネコへの愛情、番組の作り手の協力やセンスの良さ、というのを感じられて安心出来たからです。

2004年頃だったと思います。今は、良い値段する岩合さんのネコのカレンダー、母島の待合所のカゴの中に「ご自由にお持ち下さい」と、大量に置かれていました。きっと、このネコは注目されてゆくんだろうなぁと、思いました。それまで高級ネコが、ネコの被写体だったのを、一般のネコ、家ネコや自由ネコ(野良ネコ)を、岩合さんが、被写体に向けて、人との繋がりを豊かにしてくれたことを思います。

セラピー的にも、いろいろ参考になる、これからも楽しみにしてるし、応援してます。

🌷🌷🌷

ゆき花は、ネコ派ですが、犬も好きです。

hanaさんは、ネコ派?イヌ派?どんな動物に癒されますか?

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*