x.Snow Flower 全記事

sn.はじめに ゆき花の庭

site up 20190111金

「ゆき花の庭 Snow Flower Garden」では、性暴力被害とその回復について、ゆき花自身の経験からまとめています。刑法改正の動きや学び、フラワーデモ活動についても、記してゆこうと思います。

ゆき花は、雪の花、幸せの花の、2つの意味を持ちます。


トラウマ恐怖でフリーズ・凍結したまま生きてきたサバイバーの自身を、雪の花、幸せの花に表現しました。私は冬生まれ、白銀の世界の雪が、宝石のように綺麗な朝に生まれました。また、母がよく、「冬に雪の花が咲く」と言っていたことから、そんなふうに名付けてみました。

冬の凍結のように、性被害による、自分のフリーズ、凍り付きも、自然や人間の当たり前のありようです。回復を目指しながらも、恥ずべきもや、悪いものとしたくない、そんなふうに自分のトラウマと向かい合ってゆきたいと思っています。セラピーの先生ともそんな話しをします。

私はきっと、トラウマ理解のない人達からすれば、おかしな変わった子・人に見えたと思います。
そんな可哀想な自分自身を守って生かすことの出来るのは私自身であるのに、私自身を守って生かすことが出来ませんでした。


それが脳に残されたままのトラウマ恐怖反応によって、全身の生じている神経や心身の状態であると知れたのは、伊勢に来て(再)治療に繋がれたからです。

最初、ゆき花パールとサイト名、ハンドルネームにしました。パールは昔飼っていた白い犬(女の子)の名です。一人では心細いので、パールも一緒に、と思いました。でも、ゆき花+本名で落ち着きそうです。本名出すのは怖いし、勇気が要りましたが、そのようにしました。誰でも読めるように、ローマ字表記にしました。

ゆき花は花パールと一緒にいます。私と一緒に生きてくれた猫たちや、セラピー犬たちと一緒です。パールの子犬や猫達には、花の名前を名付けていました。

それから、性暴力と向き合い、自身にも社会にも回復を目指す、志し同じくする仲間、サバイバー、賛同者のみんなとも一緒です。#WithFlower さん、と記します。私自身も含めて意味します。日本語にしたら「花と(一緒)」さん、「花とも(花友)」さんと言ったところですが、表記や表現は、進めながら、考えてゆきたいです。

「花と(一緒)」さん、「花とも(花友)」さん、も、「サバイバー」「性暴力」の意味を込めるという意からは、凝り過ぎたり、ニュアンスが一般的過ぎるように思いました。なので、#MeToo #WithYou に近い感覚で、#WithFlower としたいと思います。フラワーデモ、花園、ゆき花の「花」の意を込めて。

サイト中、ⅰ、ⅱ…の個人の匿名方法は、記事毎になります。k病院、m病院、ⅰ日赤、ⅱ日赤など、病院の匿名方法、セラピストや特定の加害者の匿名方法などは、全記事統一しているものもあります。

ですます調、である調の文体は、語り調、会話調でのですます調を目指したいです。書き出し、アウトプット的には、である調で書いてまとめ、その後、人との繋がり的に、ですます調、語り・会話調に整える、という2ステップを基本としています。完全ではありませんが、少しずつ整えてゆく気持ちです。

サイトには、未完成のページもありますが、一つずつ、作ってゆきたいと思います。

*メッセージは【主旨と投稿ルールbyゆき花】に同意とします*